TLS1.0,1.1無効化に伴うウェブブラウザ設定変更のお願い

サービスのセキュリティ向上を目的に、2020年12月より「TLS1.0/1.1」による暗号化通信を無効化いたします。無効化以降は、「TLS1.2」に対応していない古いブラウザやパソコンでは、サービスがご利用いただけなくなります。

閲覧ができなくなるブラウザ

以下のブラウザやOSを使用している場合、メンテナンス後からウェブサイトの閲覧ができなくなります。

Internet Explorer 7以下、Google Chrome 29 以下、Fire Fox 26 以下、Safari 6 以下

TLS1.0と1.1の問題点について

TLSは1.0/1.1には一定の条件下であれば暗号解読が可能であり、セキュリティ上の脆弱性が指摘されています。主要ブラウザ(Chrome、Fire Fox、Safari、Edge、IE)に関しても、2020年から順次TLS1.0/1.1のサポートを終了することが発表されています。これら世界的な流れや情報セキュリティ観点からTLS1.0/1.1 無効化を決定致しました。

各ブラウザでの確認方法は以下をご参照ください。

Microsoft Internet Explorer の確認・設定方法

対応 1:TLS1.2 を有効にするため、ブラウザのバージョンをご確認ください。

・ご利用の PC ブラウザのバージョンが『Internet Explorer 8 以降』を確認する。

▼Internet Explorer のバージョン確認方法

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/880842

⇒Internet Explorer 8 以降に対応している場合・・・対応不要。(対応 2 へ進む)

⇒Internet Explorer 7 以前をご利用の場合・・・・・・・Internet Explorer 8 以降にアップデート後、対応 2 へ進む

対応 2:TLS1.2 を有効にするため、設定変更をお願いいたします。

手順 1:Internet Explorer を開き、「ツール」のアイコンをクリック後「インターネットオプション」を 選択し、「詳細設定」ボタンをクリックする。

手順 2:「インターネットオプション」ウィンドウの「詳細設定」タブを開き「セキュリティ」の項目まで画面をスクロールし『TLS 1.2 の使用』にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックする。

手順 3:画面を閉じたら、TLS 1.2 の有効化の設定変更手続きが完了。

Mozilla Firefox の確認・設定方法

対応 1:TLS1.2 を有効にするため、ブラウザのバージョンをご確認ください。

・ご利用の PC ブラウザのバージョンが『Mozilla Firefox 24 以降※』を確認する。

▼Mozilla Firefox のバージョン確認方法

https://support.mozilla.org/ja/kb/find-what-version-firefox-you-are-using

Google Chrome の確認・設定方法

対応 1:TLS1.2 を有効にするため、ブラウザのバージョンをご確認ください。

・ご利用の PC ブラウザのバージョンが『Google Chrome30 以降』を確認する。

⇒Google Chrome30 以降に対応している場合・・・対応不要

⇒Google Chrome29 以前をご利用の場合・・・・・・・Google Chrome30 以降にアップデートをお願いいたします。

▼Google Chrome のバージョン確認

https://support.google.com/chrome/answer/95414?hl=ja

Safari の確認・設定方法

対応 1:TLS1.2 を有効にするため、ブラウザのバージョンをご確認ください。

・ご利用の PC ブラウザのバージョンが『safari 7 以降』を確認する。

⇒Safari 7 以降に対応している場合・・・対応不要

⇒Safari 6 以前をご利用の場合・・・・・・・safari 7 以降にアップデートをお願いいたします。

▼Safari のバージョン確認

https://support.apple.com/ja-jp/HT204416